PS4『Marvel’s Spider-Man』をオススメする3つの理由

Marvel's SPIDER-MAN ゲーム

Sponsored Link

PS4『Marvel’s Spider-Man』

PS4の「Marvel’s Spider-Man」というスパイダーマンの究極のオープンワールドアクションアドベンチャーゲーム。

9月7日に発売と共にTwitterトレンド入りするほど話題になり、現在Amazonゲームランキング1位、評価4.5。素晴らしく神ゲーで超おすすめ!

発売日にあまりに話題になったのでぼくはその動画に惹かれ衝動買いをしてしまったが、買って大正解だった。

ABOUT US

にしくんアイコン画像
身長109cm、体重19kg、25歳。横紋筋肉腫(小児がん)、ムコ多糖症モルキオ病(ライソゾーム病)。高卒でフリーで仕事をしようとするがなかなか上手く行かず、後に上場するIT企業の株式会社セラクに21歳で入社。しかし、22歳3月に同級生は新卒になるから逆のことがしたいとニートに。そして、スマホアプリ開発、クラブダンサー、ライター、YouTuber、ホストなどを経て23歳でSOD専属監督兼男優になる。現在は、にしくんクラブと称したコミュニティ運営、性やIT系企業のサービスに関わったり、テレビや雑誌などでマルチタレントとして活動中。SNSのフォローもよろしくお願いします。

Sponsored Link

オススメする3つの理由

正直、映画スパイダーマンを見たことはあるけれど、全作品は見ていないしあまり詳しくはない。

漫画や映画などが原作のゲーム化されたものは、ファンは嬉しいけれどゲームとしてはイマイチになる傾向があると思っていた。

だから、「Marvel’s Spider-Man」は完全にノーマークだった。

しかし、9月7日あまりにも話題になるのでつい気になって、動画を見て感動して、咄嗟に買ってしまった。そして、咄嗟に買ったことは大正解だった。

このゲームは、

「空を飛びたい!」
「ヒーローになりたい!」

という一度描いたことのある夢を叶えてしまう!

最高なストーリー

これは、スパイダーマンをよく知らなくても大丈夫なオリジナルストーリーで展開される。

それでありながら、ファンには嬉しいお馴染みのキャラがたくさん出て来る。

さらに、オープンワールドだから可能な自分の意思で進める事が出来るサイドストーリーが散りばめられている。

爽快に空を飛ぶ

スパイダーマンといえば、手から出したクモの糸でターザンのようにビルからビルへ飛んで移動する。

それが、リアルなニューヨークの街で簡単に体感的に実現する。

PS4の素晴らしいリアルな映像は本当に迫力がある。

豊富なアクション

ゲーム性と映像の迫力はどうしても反比例しがちになってしまう。

現代のCG技術で映像は美しく派手に作れるけれど、所詮ゲームはコントローラのボタンを押すだけだから。

例えば、鉄拳のように、アクションにバリエーションがあって複雑化するほどコマンドとスティックは複雑で付いていけなくなる。逆に、近年のファイナルファンタジーのように、コマンドは従来通りたたかうや魔法を選択するだけなのに動きが派手だと自分で操作してるように思えず置いてかれる感がある。

しかし「Marvel’s Spider-Man」はどちらも良いとこ取りで満たす。

スパイダーマンは手から糸を出すだけのシンプルな仕組みでありながら、糸で空を飛んだり、糸で敵に近づいたり、糸で物を投げたり倒したり、ド派手なアクションをする。だから、体感的でわかりやすい操作せいながら、最高に迫力のある臨場感のあるアクションを実現する。

しかも、技をどんどん覚えて行くから、無理せず覚えられて、飽きることなく新鮮なアクションに毎回感動する。

まとめ

「Marvel’s Spider-Man」は

・空を飛びたい
・ヒーローになりたい

という夢を叶えてしまうゲームだ。

衝動買いしてしまったが、衝動買いしてよかった。

PS4を持っていなければ、このゲームのためにPS4を購入する。4K対応のテレビやPS4 Proを持っていなければ、このゲームのために4KテレビとPS4 Proを購入する。それくらいの価値がある。

画像 出典:Marvel’s Spider-Man

スマブラ予約開始

Sponsored Link






Sponsored Link