【ユーチューバー】YouTubeの再生回数を増やす6つの方法

YouTube画像 YouTube

Sponsored Link

ユーチューバーのすすめ

ぼくが監督と男優になったのはYouTubeのおかげだった。

YouTubeの再生回数があっという間に100万回再生超えたことでたくさんの女優さんとコラボ出来たし、業界のライターになれたし、業界人に広く知られるようになった先で、監督兼男優になった。
※動画の多くは過激だったためチャンネル毎削除されてしまっている

当時、会社員をしながらYouTuberをしたことで、純粋にミーハーな意味で女優さんの知り合いが増えたことが嬉しかったのもあるし、副業として収入になったことも良かったし、そこから名が知られることで色んな仕事も手に入った。

だから、ユーチューバーはおすすめだ。

ABOUT US

にしくんアイコン画像
身長109cm、体重19kg、25歳。横紋筋肉腫(小児がん)、ムコ多糖症モルキオ病(ライソゾーム病)。高卒でフリーで仕事をしようとするがなかなか上手く行かず、後に上場するIT企業の株式会社セラクに21歳で入社。しかし、22歳3月に同級生は新卒になるから逆のことがしたいとニートに。そして、スマホアプリ開発、クラブダンサー、ライター、YouTuber、ホストなどを経て23歳でSOD専属監督兼男優になる。現在は、にしくんクラブと称したコミュニティ運営、性やIT系企業のサービスに関わったり、テレビや雑誌などでマルチタレントとして活動中。SNSのフォローもよろしくお願いします。

Sponsored Link

YouTubeの再生回数を増やす方法

ユーチューバーを名乗るなら、まずは再生数10万回再生を目標にしたい。せめて1万回再生はいかないと恥ずかしい。そう言うと、難しいと考える人も多いかもしれない。しかし、実はYouTubeで再生数をあげる方法は簡単だ。だって、3年前全然無名な会社員で最初にアップロードした動画3つが、全て10万再生は超えたし、3つ目に関しては最終的に100万再生近く(到達前に消されたけれど)なった。なぜなら小手先のテクニックがYouTubeにはまだある。どんなに優れた今のコンピューターでも、動画の内容を理解して評価出来る技術はないから動画SEOとユーザーの惹きつけと裏切らない内容を満たせば数万回再生程度のある程度の再生数は見込めるのだ。ぼくはプログラマーでもあるのだけれど、YouTubeはWebサイトに比べればまだ企業の参入が少ないのと動画という点で解析が難しいからテクニックで底上げが出来てしまう。

再生数を上げるサイクル

言うまでもなく、動画再生数を上げるには

① 知られる
② 見られる
③ リピーターになってもらう

を繰り返しながら視聴数を増やす必要がある。この「リピーターになってもらう」は動画の質と出演者のカリスマ性次第だから人それぞれのやり方があるし正解はない。徐々にスキルを上げるしかない。「見られる」もサムネイル画像とタイトルのコピーライト次第なので明確な技術はない。しかし「知られる」だけは確かな論理的コツがある。この「知られる」と「見られる」を満たせばチャンネル登録0人の時から数万再生くらいにはなる。

動画を知られる6つの方法

知られるというのはつまりYouTubeの動画がスマホやパソコンの画面に映ってタップしたら再生出来る状況になるということ。それには、以下6つの方法がある。

① YouTubeの検索で出る
② Google等の検索で出る
③ 関連動画に出る
④ YouTubeのトップに載る
⑤ SNS等でシェアするされる
⑥ ブログや掲示板に掲載するされる

これらを意識して向上させるだけで知られる率は桁違い上がる。④についてはチャンネル登録されるか有名なチャンネルになる必要があり、⑤と⑥については自分で載せる場合は本人のSNSやブログの知名度、他人に載せられるには動画の内容に言及するから、ここでは①、②、③のロジックを学ぶ。

検索で上位表示

YouTubeでもGoogleでも、検索で上に出てくる動画はよく見られる。そしてもちろん、検索数の多い言葉の方がよく見られる。ただし、競合が多いと勝つのは難しくなる。その上で的確なキーワードの組み合わせを考えていく。

例えばYouTubeの定番「メントスコーラ」で検索するとこんなかんじ。

YouTube再生回数を増やす方法画像1

ちなみにGoogleでもYouTubeの動画は出てくるし、あまりに人気な動画があればどんな検索結果よりも上にYouTubeが来る。音楽を聴きたくてじゃなくても「恋」と検索すれば星野源のPVが一番上に来る。

YouTube再生回数を増やす方法画像2

検索のためのタイトル

・キーワードの選定
言うまでもなく、検索される言葉を使わないと動画は検索結果に出てこない。競合が少なく、検索数が多い、2つのバランスがいい言葉を探し出す。

・重要キーワードは頭に
YouTubeはアメリカの会社だ。つまりYouTubeのロジックもアメリカ式。アメリカの文法は伝えたい重要なことを最初に持って来る。また、日本語にも大事なことを最初に伝える倒置法という技法がある。タイトルでもそれを適用する。

・32文字以下で、長さは臨機応変に
タイトルが全部表示されるように32文字以内にする。しかし、短ければ良いという訳ではない。複数のキーワードでマッチを狙う方が競合率が減るし、メインじゃないキーワード検索に引っかかる可能性も増える。無駄な言葉は省きつつ、必要な言葉を盛り込んで32文字以下にする。

・語順無視と資格インパクトをアップする記号
キーワードを頭に持って来る必要性や、必要なキーワードを増やすとは言えど、タイトルの語順がめちゃめちゃで文にならないと読みにくい。そこで”【】”で囲むと先頭にキーワードを持ってこれるようになる上に視覚的に目立つ。”|”を使うのも文字数少なく観やすく区切れるのであり。

まとめ

YouTubeによくある「質問コーナー」動画だけれど、キーワードが質問コーナーだけだと似た動画がいっぱいある。検索側がどんな質問だと観たくなるかも考える。だから、単なる質問コーナーの動画ではなくて「恋愛」「初体験」「経験人数」などのキーワードも加えると良い。そして順番と記号も駆使する。そうして「質問コーナー」のタイトルを変えて…

【恋愛編】質問コーナー!初体験は?経験人数は?

というタイトルにすれば再生数はグンとアップする。

検索のための動画説明欄

・動画の要約
動画説明欄の一番最初に「チャンネル登録お願いします」と書く人がいる。あれは実はよくない。検索や、後に書く関連動画のためにはタイトル同様に重要キーワードの文を持ってきた方がいい。簡単にキーワードやキーワードの関連ワードを意識して散りばめて文を作る。

・定型文
後の関連動画で特に重要になるけれど、チャンネル登録のお願いとURL、出演者等の名前とSNSは後半部分に定型文として毎回載せておくと良い。ファンが出来た時に、名前で検索してもらっても出やすくなる。

まとめ

正直タイトルほどは重要じゃない。しかし、ちゃんと効果を把握して書くか書かないかでは大きく変わって来るのでしっかり記入する。

検索のためのタグ

タイトル、動画説明欄に含んでいる、検索されたい言葉を10個くらい記入する。これはどちらかと言えば次の関連動画の目的を優先する。

関連動画

YouTubeでは検索よりも関連動画にいかに表示されるかの方が大事になる。例えば、ゲーム動画を観ている人は関連動画からまた別のゲーム動画を観にいくし、メイク動画を観ている人も続けて関連動画からメイク動画を観る率が高い。動画の人ではなく機械的評価を上げるとSEOでも関連動画でも優遇率が上がるのだけれど、その基準に再生持続率がある。関連動画を連続で観て回り続ける人は真剣に最後まで観てくれる率も高いから、関連動画に上がると良いことが多い。そんな関連動画に上げるには、言うまでもなく、類似していて再生数が多くこの動画から視聴者を引っ張って来たいと思う動画を探す。そして以下を適用する。

関連動画のためのタイトル

タイトルはどちらかと言えば検索の目的を重視する。ただ、関連動画で良さそうなものを見つけたら関連動画にあるタグも含むことを考慮して考える。

関連動画のための動画説明欄

関連動画の動画説明欄を参考にする。しかし、パクリにはならないようにする。ちなみに、検索の時の動画説明欄の説明でチャンネル登録のお願いとURL、出演者等の名前とSNSは後半部分に定型文として毎回載せておくと良いと書いた。これは、自分のチャンネルの動画説明欄が類似することで関連動画を自分のチャンネルで埋める率が上がるからだ。他のチャンネルに流れてしまうより、自分のチャンネル内の動画を徘徊してもらいたいから動画説明欄は同一の内容にする。ちなみに、動画説明欄に関連動画にしたい他人の動画タイトルとURLを複数記入するという手口を唱える人がいるけれど、スパム扱いになりかねないのでやめておいた方がいい。自分のチャンネルのおすすめ動画や、本当に関連があるコラボしたなどの動画のタイトルとURLなら書いておくと良い。

関連動画のためのタグ

タグも関連動画に影響がある。しかし、タグは投稿時に記入はするものの表には表示されない。そこでパソコンからページのソースを表示する。参考にする動画は「前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV」。これは日本で一番再生されているミュージックビデオで1億8000万回再生になっている。パソコンで開いて右クリックでページのソースを表示。

YouTube再生回数を増やす方法画像3

すると文字だからけのページが出て来る。ここからYouTubeの細かい裏のことがわかる。ここで「command + F」で”keywords”と検索する。すると、「前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV」のタグがわかるのだ。前前前世のカバー動画で関連動画表示を狙う場合はこのタグを参考にする。

YouTube再生回数を増やす方法画像4

検索と関連動画で再生回数を増やす

これらでひとまず

① YouTubeの検索で出る
② Google等の検索で出る
③ 関連動画に出る

の3つは効果がアップする。ここに書いたのはテクニックのまだ一部に過ぎないけれど、知っていると知らないでは大きく結果が変わる。YouTubeは、参入が増えたとは言えどまだパソコンが動画解析機能は不十分なことと技術者の参入は少ないことから、ロジックで勝負すると大きく有利になる。3年前当時無名のぼくが最初っから数万、数十万回再生されたのはどういう仕組みでYouTubeは再生されているかを探求したからだった。他にもまだまだいっぱいテクニックがあるのでまた次回書くことにする。

スマブラ予約開始

Sponsored Link






Sponsored Link