きっと、みんな死んでいる。人間じゃなかったら

死んでる画像

Sponsored Link

みんな死んでいると思うんだ

ぼくは自分に向かってよく言う言葉がある。

「お前はもう死んでいる」

某漫画で有名なセリフだけれど他人に言うんじゃない。自分自身に言う。そしてきっと、みんなも死んでいると思う。もしも人間じゃなかったら。人間だから生きているだけなんだ。仕事の愚痴とか、恋愛の嘆きとか、お金の悩みとか、人生の不満とか頭に浮かぶたびに、他者から聞くたびに、人間って恵まれたバカだなと思うし、自分の頭がそんな思考をしてしまった時に自分に、人間じゃなかったらもう死んでるよって伝える。

人間じゃなかったら

もし、自分が、あなたが、野生動物だったら。ちょっと走れなかったり飛べなかったりした瞬間に食い殺される。家畜だったら、ただただ餌を食わされて太らされて、それなりに親切にしてもらえてるかと人間を信頼していたのに、ある時いきなり運ばれて解体されて食べられる。アリだったら、毎日人間の足という隕石が降って来る。蚊だったら、毎日人間の手という左右から急激に迫ってくる壁に挟み殺されかける。雑草だったら見向きもされず身動きも出来ず、何もアピール出来ずしないでいたのに邪魔扱いされてただただ孤独に終わる。

本来生きるということは、失敗したら死ぬし、努力しなきゃ死ぬし、理不尽に死ぬ。

もし人間じゃなかったら、障害者なんて死ぬし、勉強出来ないやつも死ぬし、スポーツ出来ないやつも死ぬし、外見に恵まれてないやつも死ぬし、一見完璧でも調子乗って目を付けられたら死ぬし、挑戦しなかったら死ぬけど失敗しても死ぬ。その分、多動物は人間よりたくさん生まれてくるけれど、それは一人一人、いや、一匹一匹大事に育てられない訳で、悲しいとか寂しいとか考える暇もなくただただ必死に生きるしかなくてそれでも死ぬ。文字通り必死に生きたところで必ず死ぬ。

にも関わらずなぜ人間はうじうじウジウジくだらないことを考えて、ごちゃごちゃゴチャゴチャ言い訳をし、だらだらダラダラ無駄に時間を消費して、ぐちぐちグチグチ自己責任なのに文句を言うんだ。それでいて、死にたくないはもちろん、金やら愛やら贅沢を求めてしまう。人間であることを情けなく思う。だから今日も無事に目覚めてしまったことに、最大限の感謝と、最上級の罪悪感を感じることで、ちょっとは命を大事にし、ちょっとは時間を大切にし、ちょっとは他者に目を配り、ちょっとは己の現実に向き合い、ちょっとは行動に張りが出て、ちょっとは生活が向上し、やがて大きな結果を生みたい。

あっ、また12時間寝ちゃった。

Sponsored Link







死んでる画像

いいなと思ったらシェアしてね!

にしくんのTwitter

にしくんのFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です