人生に絶望したから

人生に絶望した画像

Sponsored Link

人生に絶望した

恵まれた人が自分の周りのために作る世界

残念ながら世の中というのは恵まれた人が自分の周りのために作っている。人間というのは、自分からある程度距離が近い人のことまでしか考えることが出来ないものだと思う。

例えばぼくは、車椅子生活というのは昔乗っていた時期があるから多少は想像出来るし、逆に一般的に健康と言われる人たちの身体での生活も、周りの人をたくさん見てきたから想像できる。しかし、全身が一切動かせい身体だったり、逆に毎日1時間の仮眠だけで、23時間フルに動き回る超人のことを理解することは難しい。「努力は報われる」や「成功するものは皆すべからく努力している」という言葉は、努力して実際に報われた人間と努力したら報われる自信のある人間が言う言葉で、「恋愛指南書」や「勉強法」の本はある程度可能性のある上位の人間がステップアップする方法しか書いていない。「プラスマイナスゼロだ」っていう言葉を言える奴はプラス側の奴で、「生きていればいいことがあるから」という奴は生きてきていいことのあった奴なんだ。法律や国は、お金にも知性にも権力にも恵まれたエリートが、ある一定ラインまでの国民のことしか考えられずに作られている。

Sponsored Link

みんな自分を慰める

会った瞬間に、「かわいそうね〜。大丈夫?本当にかわいそうね〜。かわいそう。頑張ってるのね。かわいそう。かわいそう。。。」とか頭をベタベタしたりしてくる人がいる。残念ながら、今までにそう言ってくる人は小汚いおばさんしかいなかった。自分より不幸そうなぼくを見つけて相対的に自分は幸せなんだと楽になりたかったのかもしれない。そんなことで幸せになれるならぼくは構わないけれど、残念ながらそんなの一時的だ。「なんであの芸能人はあんな人気なの!それほど可愛くないのに!」と言う人は可愛くない人で、「あの人はそんなに頭が良くないのに・・・」と言う人は頭の良くない人で、「あの人は性格がこんなに悪くて・・・」なんて言う人はやっぱり性格が悪い。目に見える範囲の見上げたところにいる人たちを強引に自分より引き下げ、相対的に見比べて自分はまだまだ大丈夫と慰めたいのかもしれない。ぼくには実際、街を歩くだけで色んな視線が降り注ぐ。

この世にはもっと絶望がある

しかし、世の中には本当に絶望的状況な人というのがいる。孤独死が発見されるのは、大家さんが悪臭があって部屋を開けて発見されることが多い。ウジやハエが湧き、腐敗体液や臓器まで見えることもあるらしい。家族がいなくなって、寂しくて、生きることに絶望して、どんどん身体が動かなくなって、ベッドの上で寝たきりで、呼吸も苦しくなって、なぜ生きてきたのかわからなくなって、思い出すのは悪い思い出と後悔ばかりで、涙して、涙して、死んで行くのってどういう気持ちなんだろう。

そしてこれは自分にも起こりうることではないだろうか。そこまで貧しくない家に生まれ、普通の学生生活を送り、大学にも行けて、就職もし、結婚もしたとしても、家族の中で最後まで生き残り、貯金も使い果たし、頼る人がいなければ、誰だってなりうる。

若い世代にも困難がある。しかも、多い。20歳男子の半分は童貞で、30歳代前半で未婚男性の4分の1は童貞らしい。平均年収は下がる一方で、引きこもり率も多く、自殺も多い。

ぼくはどん底の絶望だった

ぼくなんて生まれた時から絶望だった。ぼくの一番古い3歳の時の記憶は脳腫瘍で身体が動かなくなり、親がパニックになって救急車で運ばれるシーン。次の記憶がとりあえず手術には成功したぼくを見て、泣いてるんだか、ひとまず喜んで笑ってるんだか、きっと寝てないしいろいろ調べて話して考えた後のもう崩壊したような両親の表情。ベッドの上からは天井を眺め、幼少期の毎日寝る時に見る夢は殺される夢だった。

絶望と勇気とネット

そして思うことがある。今のぼくは、生きていて楽しくて仕方がない。あまりに人生に絶望したことで吹っ切れて怖いもの知らずになって、ガンガン行動して挑戦出来るからだ。その変化に必要なものは「勇気」と「ネット」だった。絶望するほどマイナスの物事、とんでもなくデカイ人生の壁を経験すると、それよりも小さなマイナスの物事や壁なんてどうでもよくなる。こんくらいならもう大丈夫と思う。大半の物事に怖じ気付かないような勇気が出る。

「残念ながら世の中というのは恵まれた人が作り出している」「人間というのは、自分からある程度の距離が近い人のことまでしか想像が出来ない」と最初に書いた。世の中には多種多様な人がいるけれど、上位層が世界を動かしている。すると、光が当たらないでいる世界が出来て、本当は面白い人や面白い事がいっぱいあるのに埋もれてしまう。世界の裏の闇は闇の中で生まれて闇の中に消えて行くだけ。それってつまらない。もったいない。人は自分とそれなりに近い状況しか理解出来ないのなら、多種多様な人々が世界を動かす側になれば、多種多様な人々がもっと表に出て力を発揮し出すんじゃないかと思う。それがネットで出来る。たった一人のネット上でのつぶやきによる点火で世界が動くこともある。アルバイトの一言のTwitter投稿で会社存続危機にまでなったり問題もあるが、見えなかったものが見え出して、殻を破り出したり、爆発したり、いろんな動きが出てくることは実に面白い。

こんなチビでも

こんなことを書いたのには実は理由があった。目立った変なことしてると、匿名の誹謗中傷メッセージとかもあって「キモい!」「障害!」とか言われることがある。

そして考えてしまう。多分、「キモい」とか「障害」とか、言ってはいけないことだと心の底ではわかっていて、それでもわざわざ会ったこともないのに調べ上げてそういう言葉を発する人って、それほどに現実社会に不満があり、絶望を感じていてそれをぶつける場所のない人なのかなと。その状況や考え方って、昔のぼくに近い気がした。大人に比べれば、子どもの世界への不満のぶつけ方ってまぁ可愛いけれど。

そんな人や社会にこんなぼくを晒し、心が動き、アクションを起こす人が増えて世界が動き出して欲しい。「にしくんうざい!」とか思われたり、「マジでうざいチビがいる!」とか話されるくらいが丁度いい。「こんなチビが出来るなら俺も出来るはずだ」とか思って欲しい。かわいそうと思われていたぼくが、「羨ましい」と思われ出したらそれこそ本望だ。心が変わったり、新しい感情が生まれると、人の行動は変わっていって、世界が変わるんじゃないかな。こんなチビがきっかけでも、心が動き世界が変わると嬉しい。それを求めてぼくは今を生きている。もっと楽しくて刺激のある世界を生きたいから。

Sponsored Link

DMM.make DISPLAY

人生に絶望した画像

いいなと思ったらシェアしてね!

にしくんのTwitter

にしくんのFacebook

LINE公式アカウント

公式LINE画像

ブログ、SNS、イベント、雑誌の情報、
YouTube「変態だもの」配信中。
にしくんアカウントをいますぐ登録!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です