【新宿ランチ】美味しいスパゲティー『Nokishita』

新宿スパゲティー Nokishita 画像 美味しい

Sponsored Link

新宿でスパゲティーの美味しいランチ

新宿三丁目にランチで行くとても美味しいお気に入りのスパゲティー屋がある。

『Nokishita』という名前のそのお店は、イタリアンでもパスタ屋でもなくスパゲティーの専門店。コースはない。100種類以上のスパゲティーが並んでいる。

著者にしくんについて

ABOUT US

にしくんアイコン画像
身長109cm、体重19kg、25歳。横紋筋肉腫(小児がん)、ムコ多糖症モルキオ病(ライソゾーム病)。高卒でフリーで仕事をしようとするがなかなか上手く行かず、後に上場するIT企業の株式会社セラクに21歳で入社。しかし、22歳3月に同級生は新卒になるから逆のことがしたいとニートに。そして、スマホアプリ開発、クラブダンサー、ライター、YouTuber、ホストなどを経て23歳でSOD専属監督兼男優になる。現在は、にしくんクラブと称したコミュニティ運営、性やIT系企業のサービスに関わったり、テレビや雑誌などでマルチタレントとして活動中。SNSのフォローもよろしくお願いします。

Sponsored Link

『Nokishita』

料理の「美味しい」の種類は大きく分けて2つ存在すると思う。主観的に美味しさを追求されたものと、客観的に美味しさを追求されたもの。エゴでこだわり抜いて美味しくするか、的確にロジックに完璧な美味しさを研ぎ澄まして美味しくするか。イタリア料理は比較的前者が多い気がする。料理人と好みが合えば良いのだけれど違うと困る。例えば、やたらこだわったモチモチの麺よりもシンプルな麺が良いなと思ったり、ペペロンチーノに釜揚げシラスなんて乗せなくて唐辛子とニンニクだけで良いのにと思ったり。ぼくは、シンプルに美味しいスパゲティーが食べたくて、新宿を中心に色々な店を探していたのだけれどなかなか見つからなかった。そして、やっと見つけたお気に入りが『Nokishita』だ。

『Nokishita』のメニューは面白い。大まかな味付けに対し、細かいトッピングが何種類もある。

新宿Nokishitaメニュー1
新宿Nokishitaメニュー2

「にんにくと唐辛子のスパゲティー」「たまごとベーコンのスパゲティー」「たらこのスパゲティー」「たらことウニのスパゲティー」他にもミートソースベース、ホワイトソースベース、醤油、カレー、チーズ、スープスパゲティー、サラダスパゲティー、、、とかまだまだいっぱいあって、それぞれ同様にして細かいトッピングを選ぶ。そして合計100種類以上ある。悪く捉えればこだわりがないようだ。しかし、これらが全部繊細で美味しい。

「味付けと食材?なんでも好きなものを良いな!俺が最高に仕上げてやるから!」

とまるで大将が言ってるかのように、シンプルで、バリエーションありすぎるのに、ロジカルに完璧に美味しいスパゲティーが出てくる。正直スパゲティーって、誰が作っても適当に作ってもそれなりに美味しくはなる。ぼくは料理が得意な訳ではないけれど、それても家でパスタを茹でて余り物の野菜を炒めて醤油や塩胡椒で適当に味付けすれば、ちょっとパサついたりちょっと薄味になったとしてもまぁまぁ美味しいし、コンビニやスーパーのレトルトも冷凍食品でも十分に美味しいパスタはいっぱいある。しかし、『Nokishita』はシンプルなんだけど、シンプル故に絶対真似できない完璧さを感じて美しく美味しい。シンプルって逆に誤魔化が利かないから難しい。写真は「にんにくと唐辛子のスパゲティー」と「チーズのスパゲティー」でトッピングなし。シンプルだけど本当に美味しくてほっぺたが落ちる。

新宿スパゲティー Nokishita ペペロンチーノ画像 新宿チーズスパゲティー Nokishita 画像

そして中でも一番のオススメは「たらことウニとなっとう」のスパゲティー。たらことウニと納豆をスパゲティーに絡める?

たらことウニとなっとうのスパゲティー画像

ところでぼくは納豆が特に好きな訳ではない。嫌いではないけど、一人暮らしをしてからはわざわざ買わなくなって滅多に食べなくなった。たらことウニは好きだけど、混ぜるのは勿体無い気がした。上手く混ざるのか疑問だった。そんな3つそれぞれの旨味が絶妙なハーモニーで完璧に共存してしまうんだ。どうしたらこの3つをこんなにも綺麗に手なづけることが出来るの?って感じ。「たらことウニとなっとう」はマジでオススメ。納豆が嫌いな人は「たらことウニと青じそ」とかでも良いかもしれない。とにかく、たらことウニってこんなに仲良いの?って感動した。

ちょっと文章が興奮しすぎた。『Nokishita』さんからお金を貰ってる訳じゃないし、注文と会計以外話したことすらないからこの文章は嘘でも偽りでもないのだけれど、文章が興奮してしまっていることを反省する。だから現実的なことも書く。まず、ランチにしてはちょっと高い。サラダもスープも付かずスパゲティー単品で基本的に1000円以上する。土、日、祝が定休日なのも行きにくい。その上ランチタイムはかなり混んでいる。さらにイタリア料理店なのにメニューも雰囲気もテートに行くには向いてなくてディナーで行く感じでもなく、ちょっとお洒落なラーメン屋みたいなイメージの店だ。

まぁそれでも、営業時間が11:30〜22:00だから昼過ぎ3時頃遅めのランチを狙うと穴場でもちろん美味しい。デートには向かない感じな分、テーブル席もあるけどカウンターもあり、老若男女1人で行けるような店。こだわったお洒落なイタリアンを求めている人や、ヘビーにがっつり食いたい人には物足りないかもしれないけれど、洗練されてシンプルな研ぎ澄まされた美味しさのスパゲティーは『Nokishita』が一番。というか、スパゲティー好きで色々と探索してるのだけれど、リピーターになっているお気に入りのお店は今の所ここしかない。

『Nokishita』
住所:東京都新宿区新宿3-7-7 十字屋ビル 1F
電話:03-3358-3888
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:土曜日、日曜日、祝日

にしくんについて詳しくはこちら

スマブラ友達募集中

Twitter @kohey_nishi
へ気軽にご連絡ください。

Sponsored Link






Sponsored Link