生まれ変わっても自分になりたいと思えるくらい自分を使いこなす

自分を使いこなす 好きな言葉

Sponsored Link

病院や24時間やっているテレビやらで、障害者や障害者家族にフォーカスするとよく聞く言葉がある。

「どうして我が子が?」
「どうして私が?」

誰かは背負う運命にある障害を、理由もなくなすり付けられて悲しんでるような話。

そして、
「それでも頑張ってます!」

とお涙頂戴な展開になるわけだけど、、、ぼく、あれ嫌い。

偶然でも事実は事実なんだからしょうがない。変えたり改善出来るところは良くすれば良いし、出来ないなら受け止めるしかない。でもふと思った。この世に100%の害悪って存在するのだろうかと。だって、毒は使いこなせば薬になる。ゴミも使いこなせば資源になる。ならば短所は長所になりうるし、障害は使いこなせば武器になるんじゃないかと思った。そして、自分で自分にこう言い聞かせることにした。

「生まれ変わっても自分になりたいと思えるくらい自分を使いこなせ」

そしたら、生まれ変わっても自分になりたいと思うようになった。自分をまだまだ使いまくり、変化や可能性を探求したいから。

Sponsored Link

芸人さんは短所を武器にして人を笑わせて仕事にしている。

そこまでは行かずとも、自分の障害も上手く利用したら良いこともあるんじゃないか。そう思って、自分の短所を徹底的に使っていくのを中学の後半くらいから始めた。力がなくてお菓子やペットボトルを開けられないのは、開けてとお願いをすることで会話を始める手段にする。耳が遠いのは、それを理由に聞こえないからと近づく。声が高いのは、年齢や性別を惑わせて警戒心を解くため。歩けないのは、抱っこしてもらうため。小さいのは、膝上に乗るためだ。するとどうだろう。小学校後半から中学前半までいじめられてたし、写真は嫌いで写ってても笑ってなくて、携帯の連絡先は親くらいだった。それが、校内外で友達が出来て、プリクラをよく撮り、夜な夜な遊ぶようになった。最後のは良いことなのかはわからないけど、それからどんどん短所を解放して使いまくって人生がむしろ充実してきた。

また、自分を使いこなそうとすると長所にも目が行きやすくなる。漠然とこういうの得意かもなー、好きかもなーというのはあっても、いざそれをどんな環境でどう使いこなすかとなると難しかったりする。しかし、自分を使いこなそうという考え方にしてからは、客観的に見れるようになるから長所を伸ばし活かしやすくなった。

自分は、せっかく身体や脳が与えられて生まれてきたのだから使いこなさないのは勿体無い。自分を使いこなさないという事は、せっかく買って冷蔵庫に入っている野菜を使わないようなもので、短所を嫌ったり隠したりして使いこなそうとしないのは、野菜の皮や根や葉っぱを切り捨ててしまう事のようで勿体なく思う。

一年を振り返って、まだまだ自分を使いこなせて切れてないなと反省したし、同時にもっともっと使いこなしていきたいと感じたのでこんなことを書いてみた。

『短所が長所』短所って何?長所を作る?【言葉のデザインTシャツ】

2018.02.17

『にしくんクラブ』って何!?

2018.02.04

Sponsored Link