WordPressのSEO強化プラグインAll in One SEO Packの設定

WordPress All In One SEO 画像 WordPress

Sponsored Link

WordPressのSEOを強化する

WordPressはSEOに強い。とは言うが、何もしなければまだまだ物足りない。SEOに強いテンプレートの使用、SEOを強くするプラグイン、そして良いコンテンツの作成が必要になる。その中の、プラグインにおいては”All in One SEO Pack”が使いやすくて、名前の通りこれだけでほぼ網羅しているのでおすすめ。

Sponsored Link

All in One SEO Pack

まずは”All in One SEO Pack”をインストールして有効化する。

プラグイン → 新規追加 → “All in One SEO Pack”を検索 → 今すぐインストール → 有効化

WordPress All In One SEO 画像1

すると右のダッシュボード左にAll in One SEOが追加されるので一般設定を選択する。基本的には推奨される項目なので大きくはいじらなくて大丈夫。

ホームページ設定のホームタイトル、ホームディスクリプション、キーワードについてはGoogle等で検索された時のタイトル、タイトル下の説明、その中の重要視する言葉を意味する。ちなみに、SEOは左にある言葉の方が強くなる。文の場合は、最初に要約を持っていくことで人間にも検索クローラーにもわかりやすくなる。

タイトル設定はGoogle検索結果のタイトルの表示方法を意味する。例えば「投稿タイトルのフォーマット」はデフォルトでは「%post_title% | %blog_title%」となっている。これは、「WordPressのプラグインについて」というブログ記事を「にしくん.net」で書いたら、「WordPressのプラグインについて | にしくん.net」となることを意味する。よっぽど必要性が高いかブランド性のあるブログホームタイトルならともかく、基本的には長くならない方が良い。だから「%post_title%」に書き換える。同様にして、固定ページやカテゴリーについても考えていく。基本的には、固定ページタイトルと投稿タイトルだけ「%blog_title%」を取って、それ以外は無視でいい。

カスタム投稿タイプ設定、表示設定はいじらず、ウェブマスター認証、Google設定は別記。

Noindex設定は言葉の通りindex(索引)をNoにするということで、検索されるかされないかを設定する。例えば、あまりにも中身のないページもGoogleに検索されるようにしていてしかも沢山あるとする。すると、ごちゃごちゃした価値のない内容の多いサイトと判断される。例えるなら、いらない書類の散らばった机の上。だから、中身が薄くなるものはNoindexさせるし、内容が価値があるものはNoindexを解除する。なので、カテゴリーページは検索されやすいしボリュームが増えやすいのでNoindexを解除し、タグページはタグは多くなるけど同タグは少なくなる傾向があるからNoindexにしておく。

その他はいじらず、設定を更新する。

記事のSEO

記事を投稿してみる。すると、投稿ページ下に”All in One SEO Pack”の項目が増えている。

WordPress All In One SEO 画像2

特に設定をしなければ、タイトルはそのまま、ディスクリプションはブログ本文頭からそのまま引用される。しかし、上のホームページ部分に記述した通りSEOは左にある言葉の方が強くなる。文の場合は、最初に要約を持っていくことで人間にも検索クローラーにもわかりやすくなるので、わかりやすく改定出来るようになる。

『短所が長所』短所って何?長所を作る?【言葉のデザインTシャツ】

2018.02.17

『にしくんクラブ』って何!?

2018.02.04

Sponsored Link